普及啓発事業 BSEと残留放射性物質

食肉による食中毒

国内に流通する牛肉はすべて安全です

検査 平成13年に国内でBSE( 牛海綿状脳症 )の牛が発見されて以来、国内で様々な対策が講じられました。と畜場における特定危険部位「SRM」の除去およびBSE検査、BSEの発生原因とされている「肉骨粉」の飼料利用全面禁止などです。以上のことなどから、BSEの発生リスクは減少し、平成21年以降、国内においてBSE牛は確認されていません。

セシウム検査検査室 食品中の残留放射性物質について、平成24年4月から食品衛生法で基準値が定められています。滋賀食肉センターでは国のガイドラインに基づいて、と畜されるすべての牛に対して放射性物質検査を行っています。

BSE(牛海綿状脳症)について

BSEは1986年イギリスで発見され、その後、BSE感染牛の加工食品を経口摂取することによる人への感染が危惧され始めました。世界では、1992年頃に約37000頭もの感染牛が発見されピークに達しましたが、BSE対策が着実に進み2012年には約21頭まで減少しました。

牛海綿状脳症

プリオン蛋白質 BSEは伝達性海綿状脳症と呼ばれるプリオン病の一つです。もともとヒトや動物の体内にある正常な蛋白質「正常型プリオン蛋白質」がなんらかの原因で異常な「異常型プリオン蛋白質」になり、脳などの神経細胞に蓄積し、神経機能を障害します。( 右写真 プリオン蛋白質(スクレイピー関連繊維)の電子顕微鏡写真Bar=100nm [ This is licensed under the terms of the Open Government Licence ] : 動物衛生研究所 ホームページより転載 )

BSEは牛同士の接触や空気を介して感染するのではなく、異常型プリオン蛋白質に汚染された飼料などの経口摂取により感染することがわかっています。BSEの病原体は脳や脊髄などの中枢神経に蓄積しやすいことがわかっており、と畜場においては頭部( 舌、頬肉を除く )、脊髄、回腸遠位端を特定部位としてすべて除去し、焼却することが法律により定められています。

BSE検査の実施結果画面 現在は国内において、2003年以降に出生した牛からBSE陽性牛は確認されていません。また、BSE検査は2013年7月より、検査対象月齢が48ヶ月齢まで引き上げられました。滋賀食肉センターでは法令に基づき、すべてのSRMを除去し、48ヶ月齢以上の牛を対象としたBSEの全頭検査を実施しています。検査結果については 滋賀県ホームページ 牛海綿状脳症( BSE )検査の実施結果 をご覧ください。

情報提供 : 滋賀県食肉衛生検査所、動物衛生研究所

残留放射性物質について

全頭検査画面 滋賀食肉センターでは、消費者の皆さまに安全・安心な滋賀県産牛肉を召し上がっていただくため、平成23年11月から、滋賀食肉センターで処理されるすべての牛を対象に「放射性物質検査」を実施しています。検査結果については 滋賀県ホームページ 滋賀県産牛肉の放射性物質検査(全頭検査)の結果について をご覧ください。

  • 検査材料採取
  • 検査材料採取
  • 測定
  • 測定
  • 測定
  • 放射性物質検査済証

情報提供 : 滋賀県、滋賀食肉市場