センター概要 沿革・事業スキーム

沿革・スキーム沿革・スキーム

沿革・スキーム安全・安心を追求する滋賀県食肉生産施設の誕生

滋賀食肉センターは平成19年4月、県内の食肉処理施設を統合し、白を基調としたシンプルで近代的な「食肉生産施設」として近江八幡市近郊に誕生しました。

沿革・スキーム 牛・豚の解体から加工処理まで、工場の生産ラインのようにオンレール方式の自動搬送設備で衛生的、効率的に行われます。

滋賀食肉センター沿革滋賀食肉センター沿革

平成 元年
滋賀県食肉流通機構整備推進委員会を設置
平成 2年
県土地開発公社で事業用地( 約11ha )を先行取得
平成 4年
県食肉流通機構整備推進室を設置
平成 8年
推進委員会で整備基本計画骨子を策定
平成9~10年
事業用地の区画造成( 県土地開発公社 )
平成 10年
財団法人滋賀食肉公社 設立
平成 12年
県事業用地を取得
平成 13年
新食肉センター業務運営推進会議を設置
平成 16年 4月
(株)滋賀食肉地方卸売市場に新会社移行準備室を設置
9月
施設整備基本計画および基本設計の策定( ~17年3月 )
平成 17年 5月
国が事業計画承認、実施設計の策定( ~7月 )
平成 18年 2月
建設工事着手
平成 19年 3月
竣工
平成 19年 4月
滋賀食肉センター操業開始
平成 20年 5月
滋賀食肉センターHACCP推進委員会発足
平成 21年 9月
マカオ輸出認定
11月
タイ輸出認定
平成 22年 9月
シンガポール輸出認定
平成 23年 3月
県から公社に土地( 110,349.04㎡ )、建物( 公園内休憩所、便所等 )を現物出資
平成 25年 12月
滋賀食肉センター大規模太陽光発電施設 開設
平成 26年 1月
(財)滋賀食肉公社の公益財団法人化
平成 26年 5月
フィリピン輸出認定
平成 26年 9月
ベトナム輸出認定
平成 27年 12月
ミャンマー輸出認定

沿革・スキーム

沿革・スキーム 消費者のみなさまへの安全で安心な食肉の安定的供給と「近江牛」をはじめとする滋賀県畜産の振興と発展を目的に公益財団法人滋賀食肉公社が施設整備および維持管理を、株式会社滋賀食肉市場と滋賀県副生物協同組合が業務運営を担っています。

スキーム スキーム
スキーム スキーム
スキーム
スキーム

施設の賃貸借

スキーム
スキームスキーム

副生物の販売

スキーム スキーム スキーム

セリ、相対売買

相対売買


スキーム スキーム