センター概要 輸出施設認定

輸出施設認定輸出施設認定

輸出認定取得

輸出認定取得 日本三大和牛の中でも、日本最古の和牛ブランドである「近江牛」。江戸時代、将軍家に献上されたこともある味わい豊かなこの魅力を、海外に広く認知されるべく、活発なアジア市場を皮きりに、海外での「近江牛ブランド」確立を目指しています。

人口の減少や少子高齢化による牛肉の国内市場が縮小傾向である中で、滋賀県産ブランド「近江牛」の販路拡大に向けて、滋賀食肉センターは高品質で安全な食肉の輸出を可能にしました。

平成19年4月の操業以来、外国への食肉輸出が可能な施設として、衛生管理に重点を置いた施設整備とHACCP方式による衛生管理を行ってきました。



滋賀食肉センターは現在6ヵ国への輸出ができる施設として認定を受けています。

マカオ タイ シンガポール フィリピン
ベトナム ミャンマー


平成22年7月、初めての近江牛が日本から飛び立ちました。世界中の人々が近江牛の味わいに舌鼓をうち、その魅力を堪能していただける第一歩となりました。

マカオマカオマカオ